コモディティ、貴金属、その他の投資

コモディティ(Commodity)

コモディティ投資とは、商品先物市場で取引されている原油やガソリンなどのエネルギー、金やプラチナなどの貴金属、トウモロコシや大豆などの穀物といったようなコモディティ(商品)に投資することです。商品市況と債券や株式等の金融資産の市況はあまり連動性がないとの見方からリスク分散効果があるとの考え方もあります。

金やプラチナなどの貴金属

コモディティの中で今もっとも注目しているのが金です。金相場はここのところ下がり続けてきましたが、それだけに今がお買い得と見ています。買うなら現物、地金です。相場が上下しているのは証券化された金、現物の金とは別物です。下げ相場とは関係なく、現物の金の希少性は高まっています。
金の価値は永遠
人類の長い歴史を見ても金が安全な資産であり続けてきたことは明らかです。ローマ帝国が滅びてその通貨が消え去っても、大英帝国が衰退して英ポンドの価値が下がっても、金の価値は変わりませんでした。変動しているのは通貨の方だと見る経済学者も多いです。経済の先行きが不透明なときのリスク対策としてポートフォリオに加えておくことは非常に意味があり、リスク対策以上の結果も期待できます。

地金地金投資について詳しく知りたい方はお気軽にお問合せください。


コメントを残す

グローバルに夢はばたく